Nulls
Psychopath
2016年5月5日  ¥1.852.−(税抜き価格)  NLT003
ホームページ

 2nd サイコパスについて

 

この文を書いている私ゲスこそは、Nullsの音源をCD化するためのレーベル、nonlineartonesの主催者なわけで、寅(G、V、シンセ、その他)のように詭弁を自在に操るようなタイプではなく、また朗氏(ベース)のように抑制の効いた者でもないわけで、率直にこのCDについて語るしかなく、結論から言いますと、このCDは問題発生であって、その理由は以下の通りです。

 

1.好評だった一枚目の延長上で音作りをする予定、と聞いていたが全く違う。

2.サイコパスという地味な曲をCDのタイトルにしているのはなぜか。

3.曲順のせいか、他の曲のせいなのか、妄想症、び薬、野の獣など聞き所になる曲が生きてない。

4.Nulls支持者の気持ちを裏切るであろう、何とも受け入れ難い奇抜かつ妙な曲が入っている。

5.一曲目が地味で渋い。そのため第一声のインパクトに欠ける。

 

クラブ系のchill outかと思われる曲(夜)さえあり、音楽的なスタイルそのものが一作目と違っており、まるで別のバンドのような印象であって、私ゲスにとっては全く想定外なわけです。しびれ薬のイントロは前作のNullsを彷彿とさせ、ついにノイズギター炸裂かと期待するも、サビの部分では逆にトーンダウンするという有様であり、とにかく一作目の音を期待していると全て裏切られますので注意が必要です。まあ、何と言いますか『地味ですが、決して飽きる事なく、末永く聞くことのできる、味わい深い仕上がりになりました』みたいなCDであり、スルメイカですか~七輪でじっくりですか~と。

 

  1. Kristen
  2. 妄想症
  3. び薬
  4. 黒い鳥
  5. 秘術
  6. 野の獣
  7. Psychopath
  8. しびれ薬