ザ・ビートルズ
ザ・ロスト・BBCセッションズ#2
2018年12月13日  ¥2,300.-(税抜き価格)  EGDR-0002

★公式発表テイクと一切ダブらない新発掘音源!


★「涙の乗車券」「ハード・デイズ・ナイト」など代表曲のスタジオ・ライヴ満載!


★待望!「ザ・ナイト・ビフォア」史上唯一のライヴ演奏、収録実現!


ビートルズがBBCに残した貴重ライヴから、完全未発表テイクのみを
怒涛の全27曲収録したラジオ・セッション集、第2弾登場!
いまだ200曲近くが埋もれたまま未発表のビートルズのBBCラジオ・セッション音源。
そんな失われたマスター音源を、放送局の片隅で眠っていた放送用ディスク・コピーや
ファンがたまたま記録していたテープなど、長い年月と徹底した調査・研究を重ねて
奇跡的に発掘されたヴィンテージ・マスターより収録。
番組名を冠した"From Me To You”の替え歌"From Us To You"(公式版に収録されなかった初回放送テイク!)や、
「シー・ラヴズ・ユー」「抱きしめたい」などの代表曲の別演奏を聴くことができます。
1962年から1965年という、ビートルズ人気が世界中で爆発し、
レノン&マッカートニーの創作能力が開花していくそんな素晴らしい時期。
第1集と重複している曲も、違うギター・フレーズなどをトライしつつ、
4人が試行錯誤しながらスタジオ録音している様がうかがえます。
"Tie Me Kangaroo Down, Sport"は番組DJのロルフ・ハリスのヒット曲で
ビートルズも得意のコーラスを加える楽しいテイク。
公式未発表の「恋する二人」(23曲目)。そして「ザ・ナイト・ビフォア」は、ビートルズとして
残された唯一のライヴ演奏でマニア待望の収録となります。
創作意欲に溢れる彼等は、やがてBBCの録音でも多重録音に挑みはじめ、
結果ズレてしまっていますが"A Hard Day's Night"のダブル・トラック・ヴォーカルなどで
積極果敢なビートルズの仕事ぶりを垣間見ることができます。
ジョージやリンゴもそれぞれのヴォーカル曲で個性を発揮。劣悪な音響環境でのライヴとは違い、
スタジオ録音を本気で楽しみながら演奏するビートルズのライヴ・バンドとしての魅力が伝わってきます。
マニア注目の細かいところでは「涙の乗車券」はBBCでは1度しか収録されませんでしたが、
このCDではエンディングが3拍長く収録されていたりと思わぬ新たな発見もあるかもしれません。
Eternal Groovesからビートルズ・BBCライヴ・シリーズ、第2弾

From Us To You (Programme theme)
Introduction
She Loves You
Devil In Her Heart
Roll Over Beethoven
Anna (Go To Him)
I Got To Find My Baby
I Saw Her Standing There
Tie Me Kangaroo Down, Sport
I'll Get You
There's A Place
You Can't Do That
Long Tall Sally
Kansas City / Hey Hey Hey Hey!
Please Mr. Postman
JL with Alan Freeman (Interview)
This Boy
All I Want For Christmas (Interview/ad-liv)
I Want To Hold Your Hand
Till There Was You
If I Fell
Things We Said Today
I Should Have Know Better
Let's Have A Look (Interview)
Boys
A Hard Day's Night
I'm A Loser
John, Paul, George And Denny (Interview)
The Night Before
She's A Woman
Ticket To Ride
From Us To You (Programme theme#2)