THE ROLLING STONES
THE ROLLING STONES
2020年12月16日  ¥2,100.-(税抜き価格)  EGRO-104

 2017年に発売されるや、たちまち完売となった、ストーンズ、伝説の1965年パリ公演を収録した人気タイトルが、1966'67年のパリ公演も追加収録され、リイシュー発売です。待望のセカンドアルバムを発表し、3度目のアメリカン・ツアーの直前に急遽ブッキングされたパリ公演!1965418日、名門オランピア劇場でのライヴを、フランスの放送局が全曲収録(trk1-12)したこの音源は、当時のストーンズの荒々しくもカッコいい生々しいライヴを記録した大変に貴重な音源です。当時の放送音源にありがちなVocalが大きめのミックスなのですが、ブライアン・ジョーンズのスライド・ギターがドス黒く唸り、キースのロックンロール・ギターが溌剌とドライヴする必聴ライヴ。アンコールでは未発表曲である"Crawdad"で観客と一体となり盛り上がります。追加収録の1966329日と1967411日のパリ公演は、90年代になって、発掘された貴重なライヴ音源で、「サティスファクション」の世界的なヒット後の、「一人ぼっちの世界」、「19回目の神経衰弱」、「黒くぬれ!」、「夜をぶっとばせ」、「ルビー・チューズデイ」と、ストーンズが1年ごとに進化していく様が聴けます。これらの音源は、過去に安易な日本語帯を付けただけの輸入盤や、マイナーレーベルから発売された事もあるようですが、今回、フレッシュなマスターテープから史上初めて正確な再生ピッチ(正しいテープスピード)で収録。そして信頼のおける国内プレスで、日本語解説も付いた正真正銘の国内盤です。ストーンズ愛を貫くエターナル・グルーヴスからの登場です。

PARIS, L'OLYMPIA, April 18th 1965

Everybody Needs Somebody To Love

Around And Around

Off The Hook

Time Is On My Side

Carol

It's All Over Now

Little Red Rooster

Route 66

Everybody Needs Somebody To Love

The Last Time

I'm Alright

Crawdad

※Track 01-12 L'OLYMPIA, Paris, April 18th 1965

 

PARIS, L'OLYMPIA 1966

19th Nervous Breakdown

Get Off Of My Cloud

The Last Time   

 

PARIS, L'OLYMPIA  1967

Paint It Black   

Under My Thumb   

Ruby Tuesday

Let's Spend The Night Together

(I Can’t Get No) Satisfaction