菅原一樹
Where wind arises
2021年10月27日  ¥2,000.ー(税抜価格)  ITLB-1144
ホームページ リンク

 菅原一樹のこれまでの楽曲からセレクトした楽曲集第三弾。

2013 - 2020年の作品からセレクトされている本作品集は、ポストロック、エレクトロニカからの影響を色濃く反映しつつ、ストリングスやコーラスを交えたエピックかつアップリフティングな楽曲を主軸に構成。

そのどれもが映像作品を想起させるような主題を内包し、聴くものを新しい物語の世界へと誘う。

 

アンビエントなはじまりから一転疾走感溢れるトラックと美麗なストリングスで魅せる"Beginig wind"、ギターの変則的なリフとそれに呼応するヴァイオリンが印象的な"Heliacal Rising"など前作にも見られたアプローチをより研ぎ澄ませた楽曲となっている。また、ピアノだけで繊細に物語を描く”追憶に花束を”の美しいメロディとコード運びは必聴である。

 

  1. Begining wind
  2. Heliacal Rising
  3. Alive
  4. See the light
  5. City cut
  6. Metro city
  7. 追憶に花束を
  8. ゆりかごの庭
  9. Flag in the wind
  10. Under the snow
  11. Ancient sea
  12. Toward the next line
  13. New woods green way
  14. Garden dancer
  15. Colorful town walking
  16. Liquid photon
  17. Still hava a compass
  18. Stealth chaser
  19. Survive your abyss
  20. Warm Hands
  21. Keep the faith
  22. Warm Hands