Ivory Tower
The Earth
2019年7月7日  ¥2,315.ー(税抜価格)  JPRG-004
ホームページ リンク

 

Ivory Towerの目標は「音楽を五感で感じる」こと。

ジャンルを超えたジェネリック・プログレッシヴ・ロックとして、世界の歴史や風景をテーマに作曲を行っています。今回のアルバム名も、そのものずばり「The Earth」です。

 

その中で、1番の「ニューヨーク金融危機」では、リーマンショックで混乱したニューヨークウォール街、そして人々の絶望を変拍子のサウンドで表現しました。

4番の組曲「ヒクソス」は、史実とフィクションを交えて、古代エジプト軍と謎の民族「ヒクソス」が砂嵐の中で激しい戦いを繰り広げる様子を表現しています。

6番の「サモアの残照」は、オセアニアに浮かぶ小さな島国、サモアの海岸でのシュールなお話です。世界で一番日の出が早いサモアですが、懐かしさを表現する為、あえて残照を歌っています。曲を通じて、あたかも「そこにいるような」香りを感じていただけたら嬉しいです。

 

  1. ニューヨーク金融危機
  2. イグアスの滝
  3. シギリヤロック
  4. 組曲 「ヒクソス」
  5. 夕焼けのモン・サン・ミッシェル
  6. サモアの残照
  7. モンマルトルの朝焼け