THE BLUE BLOODS
セールスマンの最期
09年4月15日  ¥2,100 (tax in)  UNCL008

 

THE BLUE BLOODSは90年代後半に現THE WELCH BOYSのTJ Welch(Gt)らによって結成されたボストンのハードコア・パンク・バンドだ。振上げた拳を下げる暇の全く無い、男気溢れるパンク・サウンドは、地元ボストンのSLAPSHOTや、MINOR THREAT、BLACK FLAG、THE MISFITS、BAD RELIGION、SOCIAL DISTORTION、THE BOUNCING SOULS等のUSハードコア〜メロディック・パンクからの影響による賜物だそうな。

 DIYに、かつハードに活動を続けた彼らは、まず99年に1st EP『RUB SOME DIRT ON IT』を、01年に2nd EP『TWICE AS STRONG』を自ら立ち上げたレーベル、BASEMENT RECORDSlからリリースする。この2枚のリリースと地道な活動によって02年、彼らはヨーロッパのI SCREAM RECORDSと契約を結び、初のアルバム『THE BLUE BLOODS』をリリースする。このアルバムは、後にTHE WELCH BOYSもプロデュースする事となる、敏腕プロデューサー、Jim Siegel(DROPKICK MURPHYS、SLAPSHOT、BLOOD FOR BLOOD)が手掛けている。03年にはその1stアルバムが世界中でリリースされ、SLAPSHOT、BLOOD FOR BLOODと共にツアーを廻る大チャンスに恵まれる。

 その後はDROPKICK MURPHYS、STREET DOGS、DARKBUSTER、THE PUG UGLIES、FAR FROM FINISHED、THE DENTS、THE UNSEEN、THE DUCKY BOYS、THE QUEERS、SINNERS AND SAINTS、HUDSON FALCONS、DEADLINE、TOXIC NARCOTIC、BRAIN FAILURE、TOMMY AND THE TERRORS等、多くのハードコア/ストリート・パンク・バンドとライブを重ねる。

 06年、同じくJim SiegelとTJ Welchのプロデュースにより、2ndアルバム『DEATH OF A SALESMAN』をリリースする。このアルバム制作時にTJ Welchは、THE WELCH BOYSでの活動に専念する為、THE BLUE BLOODSを離れている。そして09年『セールスマンの最期』と日本盤仕様に変更して、日本初登場。

 「ボストン・バンドにハズレ無し」

STREET DOGS再来日記念。UNCLEOWEN、怒濤のボストン連続リリース第2弾!

 

 

  1. Daying Day
  2. Lots Of Luck
  3. Left Out In The Cold
  4. Testimony
  5. Nothing To Say
  6. Road Rage
  7. True West
  8. Fall From Grace
  9. Standing At The Edge
  10. Authority Song
  11. Losing Streak
  12. Drink Too Much
  13. Written Off
  14. 4am
  15. Hambled By The Truth
  16. Ashes
  17. 58 Fitzpatrick Day
  18. Twice As Long
  19. I'm Going Down