SWORN ENEMY
TOTAL WORLD DOMINATION
2009.8.19  2,100 yen (tax in)  DOOM-0015

 SWORN ENEMYは、97年にNYはクイーンズにて結成する。結成後まもなくHATEBREEDのフロントマン、Jamey Jastaの目に留まり、STILLBORN RECORDSよりデビューEP「NEGATIVE OUTLOOK」をリリース。06年にABACUS RECORDINGSへと移籍後、2ndアルバムとなる「THE BEGINNING OF THE END」、07年には3rdアルバム「MANIACAL」をリリースする。

 08年の1月、PUMP UP THE VOLUME FEST 2008にて待望の初来日を果たす。川崎クラブ・チッタでは、ステージ上に人の山ができるほどの盛り上がりを見せ、日本での人気を確固たるものにした。

 08年12月、4枚目のフル・アルバムとなる本作「TOTAL WORLD DOMINATION」のレコーディングに入る。前作、前々作からお馴染みの、AS I LAY DYINGのフロントマンであるTim Lambesis、そしてDaniel Castlemanをプロデュース陣に迎えている。完成したサウンドは、誰が聴いてもSWORN ENEMYとしか言えないバンドのオリジナリティーが大爆発。ニューヨーク・アンダーグラウンドに根づく野蛮極まりないモッシュ・サウンドに、SLAYERや、初期のMEGADETHやANTHRAX、そしてTESTAMENT、EXODUS直系のスラッシュ・メタル・リフが飛び交うSWORN ENEMY節満載の内容だ。

 

  1. Sell My Soul
  2. Aftermath
  3. Run For Shelter
  4. Still Hating
  5. On The Outside
  6. Lies
  7. Ready To Fight
  8. Disconnect
  9. All Fucked Up (BLOOD FOR BLOODカヴァー)*
  10. Step In The Ring
  11. Home Of The Brave