HEAVEN SHALL BURN
INVICTUS
2010.6.2  2,100 yen (tax in)  DOOM-0024

 本作は、前作「ICONOCLAST」の続編であり、第2部がDVD作品「BLINDERSTURM」で、この「INVICTUS」が第3部となる。MaikとAlexの2人のギタリストによるセルフ・プロデュースで、THE HAUNTED、AUGUST BURNS RED、DARK TRANQUILLITYらの作品を産み出したデンマークにあるTue MadsenのAntfarm Studioにて制作された。『Tue Madsenは俺たちのサウンドを理解している。よく知る人物と一緒に仕事をしていると、自分たちのサウンドをより一層引き出すことができるし、気楽に進歩していけるんだ。そうじゃなかったら、アルバムをレコーディングする上で毎回新しい人と取り組んでいくのは、俺たちには向いてないよ』とギタリストのMaikは語る。

 こうして完成した本作は、ブルータリティーをまったく損なうことなく、これまでにないほどメロディーを取り入れているのが印象的だ。非情なまでに攻撃的なパート、ドラマティックに響くパート、それぞれがお互いを引き立てている。さらにエレクトロを意欲的に導入した曲や、DEADLOCK女性ヴォーカリストのSabine Wenigerをゲスト・ヴォーカルにフィーチャーするなど、大幅なスケール・アップが施されており、6枚目のアルバムにしてバンド史上最高傑作を作り出したのは間違いない。

 

  1. Intro
  2. The Omen
  3. Combat
  4. I Was I Am I Shall Be
  5. Buried In Forgotten Grounds
  6. Sevastopoll
  7. The Lie You Bleed For
  8. Return To Sanity
  9. Against Bridge Burners
  10. Of Forsaken Poets
  11. Nowhere (THERAPY? カヴァー)*
  12. Given In Death
  13. Outro