ION DISSONANCE
CURSED
2010.8.25  2,100 yen (tax in)  DOOM-0026

2009年の秋、バンドは4thアルバムとなる本作の制作に入る。EMMUREの作品を手がけたギタリスト、Antoine Lussierの.357 Productionsによるプロデュースだ。この新作についてバンドは『この新作は、前作「MINUS THE HERD」のグルーヴに、初期の嵐のようなサウンド、つまり不協和音のリフと予測不能なリズム・パターンをぶち込んでるんだ。すべて8弦でプレイしているしね!』とコメントしている。結果として出来上がったのは、彼らの集大成とも呼べる無情の究極サウンド。このアルバムが今までのエクストリーム・ミュージックに革命をもたらすだろう。

 

  1. Cursed
  2. You People Are Messed Up
  3. The More Things Change, The More They Stay The Same
  4. This Is The Last Time I Repeat Myself
  5. No Care Ever
  6. After Everything That's Happened, What Did You Expect
  7. We Like To Call This One - Fuck Off
  8. Can Someone Please Explain This To Me
  9. Disaster In Sight
  10. This Is Considered Mere Formality
  11. This Feels Like The End
  12. They'll Never Know
  13. Pallor*
  14. After Everything That's Happened, What Did You Expect (Big Chocolate remix)**