CDプレス DVDプレス 全国流通 デザイン マスタリング オーサリング

制作ガイド

CD及びDVD制作に関する内容を掲載しております。
ご不明な点につきましてはお気軽お問い合わせください。

データ入稿の注意点

Illustratorデータ入稿の注意点

デザイン制作をするにあたり、弊社ではテンプレートをご用意しております。 他社のテンプレートでご入稿頂いた場合、微妙にずれが生じる場合がございますので弊社から提供しているものをご使用ください。

デザインや文字要素の配置について
テンプレートのガイドライン(断裁面)に沿ったデザインは切れてしまう可能性がありますので重要な文字やロゴ等はガイドラインより2mm以上内側に配置する事をお進めします。

背景の塗り足しについて。
背景やデザインをガイドラインで止めてしまった場合、裁断時の微妙なズレにより紙色が出てしまう場合があります。

カラーモードについて
カラーモードはCMYKモードで制作して下さい。
RGBカラーはモニター用の色構成となりますので印刷には適しておりません。

配置画像の解像度について
画像データを印刷するには実寸の画像に対して解像度350dpiが適しています。 モニターできれいに見えても解像度が低い場合、実際の印刷では粗くなる場合が有ります。

画像の配置について。
画像の配置については、リンクを貼る方法と埋め込みをする方法があります。 リンクを貼る場合は、リンクが外れたり、リンクしたファイル名が変わったりすると表示されなくなりますのでご注意ください。
埋め込みをで配置をするとデータが重くなりますが、リンクはずれなどが無くなります。埋め込み後、画像の見え方を再度チェックして下さい。

文字(フォント)のアウトラインについて
入力したフォント必ず全てアウトラインして下さい。
アウトライン化されていない文字は文字化けする可能性があります。
*アウトライン後の修正が出来ないのでコピーと取っておくことをお進めいたします。

オーバープリントについて
オーバープリントがかかっていると、モニターでは見えても、印刷時に消えてしまいますのでオーバープリントプレビューとプレビューを切り替えて違いが出ないか確認して下さい。

不必要なオブジェクトの削除について
印刷に必要な要素以外をデータ内に入ったままにしておきますとトラブルの原因になります。
テキスト入力時の孤立点も含め印刷に必要の無いオブジェクト削除して下さい。
*テンプレートに記載されているものは削除しないで下さい。

印刷データと出力サンプル支給について
印刷に使うデータとサンプルとしてご支給頂くファイル以外は送らないで下さい。 トラブルの原因になります。

出力サンプルについて
データを転送する場合は、JPEGやPDFの画像サンプルを、CDなどのメディアでご支給の場合はプリントアウトしたものをお送りください。
サンプル画像と実データに違いが無いか充分にチェックをお願いします。


Photoshopデータ入稿の注意点

デザイン入稿の前に以下の注意点を参考にして下さい。

カラーモードについて。
カラーモードはCMYKモードで制作して下さい。
RGBカラーはモニター用の色構成となりますので印刷には適しておりません。

配置画像の解像度について
画像データを印刷するには実寸の画像に対して解像度350dpiが適しています。
モニターできれいに見えても解像度が低い場合、実際の印刷では粗くなる場合が有ります。

画像の統合について
ご入稿用のデータは必ずレイヤーメニューより画像を統合をしてご支給下さい。
「画像を統合」するとレイヤーが「背景」レイヤーが1つになります。
*画像を統合した場合、レイヤーの編集が出来なくなりますのでコピーを取っておくことをお進めします。

Photoshop保存形式について
ご支給頂くデータはEPS形式で保存してご支給ください。

印刷データと出力サンプル支給について
印刷に使うデータとサンプルとしてご支給頂くファイル以外は送らないで下さい。
トラブルの原因になります。

出力サンプルについて
データを転送する場合は、JPEGやPDFの画像サンプルを、CDなどのメディアでご支給の場合はプリントアウトしたものをお送りください。
サンプル画像と実データに違いが無いか充分にチェックをお願いします。

 

お見積もりはこちらからどうぞ
ご質問など、お問い合わせはこちらからどうぞ。