CDプレス DVDプレス 全国流通 デザイン マスタリング オーサリング

制作ガイド

CD及びDVD制作に関する内容を掲載しております。
ご不明な点につきましてはお気軽お問い合わせください。

DVDメニュー画面制作ガイド

メニューデザインの入稿はPSD(adobe Photoshop形式)でお願いします。
イラストレータ形式でも構いませんが、最終的にはPSD形式にこちらで変換します。
イラストレータ形式及び、Photoshop形式どちらでも文字レイヤーは必ず アウトライン あるいは ラスタライズ してください。

レイヤー構成は以下のようにしてください。

背景レイヤー(タイトル、ボタンのデフォルト状態【通常はチャプターボタン:ALL PALYとかChapter1など】 背景画像)
ボタンレイヤー(ボタンとして選択時に色が変わる部分。通常はボタンと同じ形で黒に塗りつぶしたもの)

※ボタンだけ分けたレイヤーを、オーバレイ用の画像として使います。この画像を背景レイヤーにオーバレイさせて選択時の色を変えます。 背景レイヤーとボタンレイヤーの位置がずれていると、そのままオーバーレイ時も表示がずれてしまいます。

※メニューのボタン数について

1画面に使用できるボタンの数は決まっています画面のアスペクト比によって数が違いますので、複数メニュー画面を使う場合など、必ず「ホーム」「戻る」ボタンを計算に入れてボタン配置してください。
16:9の場合は 18個までボタンが使用できます。
4:3の場合は 36個 までボタンが使用できます。

画面サイズは以下のようにしてください。

4対3サイズの場合:720×540(セーフゾーン:574×430)

16対9サイズの場合:853×480(セーフゾーン:768×432)ピクセル

※セーフゾーン内に操作ボタンなどが全て配置されるようにデザインしてください。

※注意1 PCで見る分にはフルサイズで表示されますので、問題ないのですが、テレビ等で、映した場合、上記サイズの上下左右約15パーセントはフレームの外になります。必ず、チャプターボタン、タイトル等は 15パーセント内寸でデザインをしてください。

※注意2 テレビでは、解像度がPCにくらべ極端に低いので、フォントサイズは20pt以上をお勧めします。
(18pt以下はフォントの種類と表示させるテレビのサイズによってはかなり見づらくなります)

※その他、動画メニューなど特殊なメニューデザインの場合はご相談ください。

お見積もりはこちらからどうぞ
ご質問など、お問い合わせはこちらからどうぞ。