CDプレス DVDプレス 全国流通 デザイン マスタリング オーサリング

DVDプレス

DVDプレスとDVD-Rの違い

DVDプレスは大量に生産する場合に適しております。
マスターからスタンパーという原盤を作り、それを元にプレスをします。
市販されている映画やパソコン/ゲームソフトのDVDのほとんどがプレスをして商品化されています。また、企業の製品プロモーション用で大量に作る場合などにも利用されています。制作に必要なロット数は大きくなりますが、お安い費用で高品質なDVDプレスを希望される方に最適です。プラチナディスクではロット数が大きくなればなるほどお得になる激安料金パックをご用意しております。

DVD-Rコピーは小ロット生産する場合に適しております。
マスターを元にDVD-Rにレーザーで直接焼き込みをします。
コピーは1枚から可能ですので、大量に必要のない場合や商品化の前のサンプルなどでご利用頂いております。

プレスの場合は、記録面に保護膜があるため多少の傷がついても再生ができますがDVD-Rコピーの場合は、記録面に保護が無いので、傷がつくと再生に影響がでたり、劣化が早いと言われています。

国内DVDプレスと海外DVDプレスの品質に違いはありません。
大きく違うのは海外DVDプレス場合、税関により原産地表示を義務付けされている事です。
弊社の場合、海外プレスは台湾または香港で行いますので原産地表示は、
『Made in Taiwan / Pressed in Taiwwan』
『Made in Hong Kong / Pressed in Hong Kong』
上記いずれかの表記が必要となります。事前にご確認ください。
(業者の中には入れなくても良いとしているところもありますが正規ではありません)
また、通関のときに検査対象になると納期がずれ込む場合があります。
価格については、全般的に海外DVDプレスの方が安いです。
後は、パックによってそれぞれ特徴がありますので、ご希望のパックの欄をご確認ください。

トールケース印刷パック
トールケースパックの印刷は全て国内で印刷をいたします。
海外パックでもDVDプレスだけを海外で製造して国内でパッケージをしておりますので、国内高品質のジャケット印刷がパックの料金内でご利用頂けます。
料金から考えますと、一度DVDプレスした後に何度か追加生産する可能性がある場合は、国内DVDプレス。
完全に作り切りの場合は海外DVDプレスがおすすめです。
納期からいいますと、通常の納期より早める場合は国内DVDプレスの方が調整が聞きやすいですが、時期によっては海外DVDプレスの方が早い場合もございます。その都度お問い合わせください。

スリム/マキシケース印刷パック
スリム/マキシパックの印刷は全て国内で印刷をいたします。
海外パックでもDVDプレスだけを海外で製造して国内でパッケージをしておりますので、国内高品質のジャケット印刷がパックの料金内でご利用頂けます。
料金から考えますと、一度DVDプレスした後に何度か追加生産する可能性がある場合は、国内DVDプレス。
完全に作り切りの場合は海外DVDプレスがおすすめです。
納期からいいますと、通常の納期より早める場合は国内DVDプレスの方が調整が聞きやすいですが、時期によっては海外DVDプレスの方が早い場合もございます。その都度お問い合わせください。

紙ジャケットパック
国内紙ジャケットパックと海外紙ジャケットパックは、紙ジャケット自体が全く違うものです。
国内紙ジャケット(A式紙ジャケット)薄い紙に印刷したものを厚い紙に貼付けて仕上げていきます。アナログレコードジャケットのような仕上がりです。
海外紙ジャケットの場合は、海外での印刷で多少厚い紙に印刷をして組み立てをします。
(輸入盤のCDなどによくあるタイプです)
こだわりのDVDを作る場合は国内、料金重視の場合は海外をお勧めします。
サンプルもご用意してますので、必要な場合はご依頼ください。

デジトレイパック
国内紙デジトレイパックと海外紙デジトレイパックは紙の厚さが若干、海外デジトレイの方が薄いです。
料金は、海外生産の方が圧倒的に安いのでお勧めです。
紙の厚が気になるようでしたらサンプルをお送りいたします。

不織布パック
不織布パックの場合は、料金的には海外CDプレス、納期を重視する場合は国内CDプレスがお勧めです。

バルクパック
バルクパックの場合は、料金的には海外CDプレス、納期を重視する場合は国内CDプレスがお勧めです。

お見積もりはこちらからどうぞ
ご質問など、お問い合わせはこちらからどうぞ。